社歌制作ノウハウ

社歌の使われ方

投稿日:

社歌の使われ方はさまざまです。

中でも多いのは「式典などの場面で歌う」というのが半分以上を占めています。日常的に朝礼などで歌う会社も多く、やはり『みなさんの意識を合わせるために歌う』という形が多いようです。

一方で社歌も曲調が変化しており、「歌わなくても良い。社員の方々がうれしい時や落ち込んだ時に聴いて元気になる曲」としての社歌も出来てきていて、『聴くための社歌』も多くなってきています。

とある会社では、社内で結成されたバンドが社歌を練習し、イベントの際には社内バンドが社歌を披露する、ということをやってらっしゃいます。

また社歌というよりは対外的なブランドイメージソングとして楽曲を制作し、社内のショールームで流したり、イベントなどで流すという形態、さらにはその曲のオルゴールバージョンを制作し、お客様からの電話の保留音に使う、という企業もあります。

社歌の使い方もさまざま。御社に合った社歌の形をぜひ見つけ出してください。

社歌制作のご用命は社歌制作ドットコムへ。

-社歌制作ノウハウ

Copyright© 社歌制作講座 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.